▲HOME ウィルビースター | アチーブフィート | ギャラハッド | ルードオーレ | サオヒメ
ブライアンズイーラ | エレオカリス | ネオダンディズム
ネオダンディズム
父馬 ネオユニヴァース 母馬
(母父)
ステファニーズホープ
(Java Gold)
生年月日 2007.2.22 募集価格 1785万円
性別 総口数 500口
毛色 栗毛 厩舎 美浦・的場均
生産 藤本ファーム 戦績 0-0-0-2

当歳募集のプレゼントで当選して得た馬です。

秋のDVDを見て良さげな印象。
血統面も、父はSSを受け継ぐと言われているネオユニヴァース。
母父は知られていない馬ですが、母父父がKey to the Mintで、母父母父がニジンスキー。
この組み合わせにSS系は、ダンスパートナーやダンスインザダークに似通っているので面白いです。
それに母系は近年活力があるファンシミン系に通じますからね。
兄弟はパッとしませんが、それでも初仔と第2仔は共に新馬戦を勝っているのは好材料。
なかなか期待できると思いますよ。

ただ、厩舎が的場均厩舎ですので、息子の練習台に使われる危険性があるのがちょっと気がかり_| ̄|○
デビューするまでに成長してくれることを望みます_| ̄○ノ

馬名由来…ネオダンディズム[Neo Dandyism](英):新たな男の美学。父名より連想。

2歳の6月上旬に早くも入厩の声が掛かるも、その直後に左前脚の腱を痛めるアクシデント
軽度の屈腱炎により全治3ヶ月との診断が下され、4〜5ヶ月はパドック放牧程度で経過観察に…。

しかし12月になっても完璧な状態にならず、症状症状だけに騎乗調教の再開の目処も立たずに難航。
屈腱炎の怖さを思い知らされました。

12月末になってようやく乗り運動が再開されますが、脚の状態は一進一退。
ですが暖かくなってきてから状態が徐々に良くなり、4月末から運動量も増やすことができて大きな前進です。

そして3歳の7月1日についに入厩!
本格的な調教に入るために、今まで以上に慎重に脚の状態を確かめながらの乗り運動となりました。

それでもなかなかペースが上がらず一苦労。
なのでレースを使っての良化を狙い、8月21日の新潟3R・ダート1200mの三歳未勝利戦で念願のデビュー!
屈腱炎経験馬、追い不足、歴戦馬相手という多大な不利がありますが、ようやくここまで来られました。
昨年の夏で競走馬としては無理だろうと諦めていただけに、これは本当に嬉しかったです。

結果は案の定最下位でタイムオーバーのオマケ付き。
でもこの結果もやむなし。
今回はとりあえず走ってくれただけでも満足でした。

そして疲れを取ったあと調教を再開したのですが、坂路の馬なりで悪く無いタイムが出ました。
レースを使ったのが功を奏したのでしょうか?
このままの調子を維持できれば順位は少しは上がってくれそうという期待がチラホラと…。

しかし9月でも猛暑日連発という異常な暑さがこたえて夏バテ_| ̄|○
予定を1週ずらした10月3日の中山3R・ダート1800mに出走するも、14着という結果に終わりました。
ですがこれでも前回よりも2つ着順を上げたので、中間にアクシデントがあったものの良く頑張ったと思います。

タイムオーバー&未勝利戦終了で今後の進退が気になったところに悪夢再び。
左前浅屈腱炎で全治9ヶ月と診断され、残念ながら登録を抹消されることになりました。
屈腱炎の再発ではどうしようもありませんね…。

2010年10月8日 登録抹消