▲HOME ウィルビースター | アチーブフィート | ギャラハッド | ルードオーレ | サオヒメ
ブライアンズイーラ | エレオカリス | ネオダンディズム
エレオカリス
父馬 ブライアンズタイム 母馬
(母父)
タニノカリス
(ジェネラス)
生年月日 2004.2.15 募集価格 5250万円
性別 総口数 500口
毛色 栗毛 厩舎 栗東・長浜博之
生産 カントリー牧場 戦績 0-0-0-2

ダービー馬・タニノギムレットの甥…というか、3/4兄弟。

今年はルードオーレの補償とサンクスチケットしかないので、高馬には慎重に吟味しました。
初仔というのもネックだったし…。

そしてカタログで馬体だけを見て一番良く見えたのが実はこの馬。
秋の成長を見たらさらに良くなっていて、値段分の価値はあると思えたので出資です。
今年のセールで全妹を金子氏が落札したってのも好材料でしたね。

2年連続で関西馬ということで少しためらったけど、素直に行くべきだと思いました。
最近はダートでの活躍が目立つブライアンズタイム産駒ですが、この馬なら芝でやれるんじゃないかな?

馬名由来…エレオカリス[Eleocharis](ラテン):「ヘアーグラス」の学名。母名より連想。

デビュー戦は走る気が出なくて散々な結果も、2戦目で変わってきてマシになってきました。
そして更に前進が期待できたところで、3戦目は出走直前で故障発生により除外に_| ̄|○
診断結果は右前脚第一指骨(つなぎ部分)の骨折により全治6ヶ月…。
骨折した場所が場所だけに、残念ながらこのまま引退することになりました(つД`)

2007年4月11日 登録抹消(引退後の用途は研究馬)