▲HOME ウィルビースター | アチーブフィート | ギャラハッド | ルードオーレ | サオヒメ
ブライアンズイーラ | エレオカリス | ネオダンディズム
ブライアンズイーラ
父馬 ブライアンズタイム 母馬
(母父)
エヴァソーライトリー
(Nijinsky)
生年月日 2003.3.29 募集価格 5250万円
性別 総口数 500口
毛色 芦毛 厩舎 栗東・坂口正大
生産 下屋敷牧場 戦績 0-0-4-9

マヤノメイビーの弟。
血統が良いとはいえ、この貧弱な馬体でこの値段は高すぎ。
じゃぁなんで出資したのかと言うと、ウィルビースターの補償があったため(ノ∀`)
…100分の1って補償もデカイなぁw

他のを2頭とか2口持つことも考えて、秋のキャンペーンが終わるまでジックリと悩んでいましたが、
そういう馬は出てこず。
かといってこの馬も成長が見られなくて難しい選択でしたね。

ある日、”高いけど、補償のおかげで1つ勝てばほぼ元は取れる”ということにふと気づいたので、
いってみました。
1勝ぐらいはしてくれると信じて。

馬名由来…ブライアンズイーラ[Brian's Era](英):ブライアンの時代。父名より連想。

いきなり喉鳴り発症で暗雲。
手術で処置したけど、どこまでやれるのか心配になってきた_| ̄|○

喉の影響がありながらも、3戦連続で3着にきたのであとは順番でしょう。
…と思ったら、その後は2戦連続で7着。
その後、武豊騎手に乗ってもらい必勝を期すも3着5着。

再ファンド制度を使って大井へ転籍となりましたが、再出資は希望せず清算することにしました。
喉鳴りだと厳しいよね…。

2006年9月 登録抹消→清算