▲HOME ウィルビースター | アチーブフィート | ギャラハッド | ルードオーレ | サオヒメ
ブライアンズイーラ | エレオカリス | ネオダンディズム
サオヒメ
父馬 サンデーサイレンス 母馬
(母父)
ハルカゼ
(Alydar)
生年月日 2002.3.1 募集価格 4515万円
性別 総口数 500口
毛色 黒鹿毛 厩舎 美浦・奥平真治
 ↓(定年で厩舎解散)
美浦・高木登
生産 メジロ牧場 戦績 3-1-1-21

サンデーサイレンス!!!
父が父だけに値段も牝馬ながら破格。
思わず即決してしまいそうでしたが、ここは落ち着いてじっくり考えました。

というのも、馬体は良いのだけど、パワーがありそうなダートタイプ。
そして母も現役時代はダートが得意。
しかし父は偉大とはいえ何故か強いダート馬が出てこない…。
#イシノサンデーは交流競争勝ちレベル。

でもその悩みを一蹴したのがゴールドアリュールの活躍です。
強さは別としてSS産駒でも中央のダートでも活躍できると分かったので、高額ながらも出資しました。
好馬体と種付け料(2000万円超)を考えると仕方がないかと…。

馬名由来…サオヒメ[Saohime](日):「佐保姫」は春を司る女神。

1勝馬ながらも果敢にフラワーC(GV)に挑戦したのは嬉しくもあり微妙でもあり…。
芝1800mは長いと思っていたものでね。
しかしながら、馬主としての初重賞出走を成し遂げてくれたので感謝です。
典の好騎乗で見せ場はあったし。

その後はダートで勝ち星を上げていくものの、2006年2月に左前蹄骨亀裂骨折。
4ヵ月後に復帰するが未だ本調子戻らず…。
しかし、短距離路線に固定してからようやく復調。

2007年2月末で奥平真治調教師が定年の為に厩舎が解散となり、サオヒメは担当厩務員と共に
高木登厩舎に転厩となりました。
そして転厩初戦で見事勝利して3勝目!
高木厩舎に初出走初勝利を、騎乗した吉田隼人騎手に通算100勝目の記録をプレゼントです'`ィ(´∀`∩

しかしそれ以降ベストなダートの1200mを使ってもらえず次第に調子落ち…。
暮れになってようやくその条件で走らせてもらえましたが時既に遅し。
年齢的なこともあり、引退することになりました。

2007年12月12日 登録抹消